On 7th October, sacai's spring/summer 2021 runway collection, with 41 eye-popping looks, evoked a great number of things that were almost forgotten. The symbolism of the harshness of the rain, paradoxically implied the inner strength of sacai's outfits, and the models who wore them and walked around in them. That is the runway show where AURA dwells.

Therefore, for creators in the fashion industry, continuing to create is a form of nature, a form of daily life. I want you to see the rainy runway from every angle. With reconstructed proportions, wind-swept pleated skirts and vibrant fringes, the exceptional designer radiantly showed that the creative power of the individual is never exhausted and there is a beauty contained universality that resists even turbulent era. It is a rich and bountiful empowerment.

The lyrics from a Sade song, which played throughout the show, said "You gave me the kiss of life". I dare to say that creation like a lighthouse that makes us imagine the near future is surely an expression of such vitality: in 1999, a woman, who held an exhibition with only five knitwear pieces in a room in her flat, has kept pursuing the independent style that has garnered high acclaim in Paris for eleven years, and showed collection in Japan which made many guests enchanted. That is sacai.

sacai 2021 Spring & Summer collection

デザイナー阿部千登勢は、日常のワードローブのアーキタイプを出発点として彼女のデザインのシグネチャーであるハイブリッドで、女性らしさ、エレガント、クチュールのようなテクニックの要素をメンズのスーツ生地と共につなぎ合わせる。英国のレジェンダリーシンガーSadeの持つ女性らしさ、強さ、柔らかながら魅惑的なパワーから得た要素がコレクションのスタイリングとショーの音楽に落とし込まれ、特に代表的な楽曲「Kiss of Life」を通じてピュアな愛を伝える。プロポーションを再構築し、「ドレス」の表現する女性らしさとパワーを称賛。なじみのあるアイテムを新たな方程式で再提案。コレクションは、一日の始まりをドレスのアティチュードでゆったりと着用したパジャマで迎える。小さく縮ませたジャケット + エクストラオーバーサイズのパンツ + バンドゥーの要素として再解釈されたベルト、複数のピースを「ひとつ」のアイテムとして見せるこの提案は、阿部がコレクション全体に繰り返し使う手法である。新しいシェイプは、伝統的なドレスづくりの方法論でなじみのあるフォルムにクチュールのテクニックを使用。ソフトでゆったりとルースな折り目とプリーツ、また現代のユーティリティファブリケーションであるMA-1と融合したニットウエア、トレンチのディテールは、ドレスのスカートのパーツへと再構築される。